素敵な Mina Sakai(酒井美直)さん(AINU: Indigenous Peoples in Japan)

Mina Sakai / AINU: Indigenous Peoples in Japan

笑顔が素敵な Mina Sakai(酒井美直)さんは1983年帯広市生まれ。「美直」の読み方「ミナ」、アイヌ語で「笑う」です。

父親は、幕別町チロットコタンのアイヌ人。4歳のときからダンスを学び10歳頃よりアイヌの伝統舞踊を習っています。帯広北高等学校の1年生の時、カナダを訪れ先住民の人たちとの文化交流に参加しています。

Minaさんは、ゲーム音楽作曲家としても著名な浜渦正志さんと音楽ユニット IMERUAT(イメルア)を2011年に結成しています。イメルアとは十勝地方のアイヌ語で「稲光が光る」という意味があります。

現代音楽、テクノ、ポップ、民族音楽、エレクトロニカ、ピアノ連弾、ダンスのための楽曲など、ジャンルは多岐に渡り、映像制作やコンテンポラリーダンスなども主要なコンテンツとしています。ユニットとしてのジャンル分けは困難とされ、その音楽は日本語だけでなく、英語や Minaさんのルーツであるアイヌの伝統歌や楽器を用いた楽曲も存在します。

  • IMERUAT(Official Website) 10/15(帯広)から「JAPAN TOUR 2017」を開始します。
  • Mina Sakai(Official Website)

この YouTubeは、国連の「UN in Action」が配信(7/24)した動画(英語字幕)です。Minaさんが「新しい日本の多様性みたいものを感じてもらえたらいいな」と語っています。

重要なのは、夕張市がどうやって稼げるかでは?

開業当初の鹿ノ谷駅構内(1930年)/ Wikipadia

夕張鉄道線は、夕張鉄道(のち北海道炭礦汽船)が運行していた鉄道路線です。
この駅周辺の長屋や石炭を運搬する貨車は、いつも石炭拾いも含めて遊んでいた楽しい風景に映ります(^^)

ニューヨーク在住のりばてぃさんが、NHK取材班による「夕張市破綻から10年…」副題に「第2の破綻を避けるために」とハッキリ書いてありますが、問題の解決策も、状況を改善するためのアイデアや参考情報も、この記事中にまったく一切書いてありません。
なぜ? どうして? それでどうやって「第2の破綻を避ける」のでしょう? 日本のマスコミ報道、このパターン多過ぎ。「労力を使う方向がおかしい気がします」と指摘しています。私も同感です。りばてぃさんの「NYの遊び方」の方が何十倍も建設的で参考になります。

この記事は「縮小ニッポンの衝撃」(講談社現代新書)のPR記事でもありますが、りばてぃさんが指摘するように日本のマスコミは、解決策や改善策を示さないパターンが多すぎると思います。海外メディアと比べると、その報道姿勢の落差を感じてしまいます。

夕張市も今ある資源を活かそうとはしていますが、ニューヨークのようにクリエイティブ主体で新しい価値を創造するような動きにはなっていません。りばてぃさんと「デジタルシティゆうばり」や「アートシティゆうばり」など、夕張地域再生プロジェクトモデルを立ち上げますか(^^)

「ニューヨークの遊び方」の作者りばてぃ(Liberty)さん