斬新なノーリッジ大聖堂ムービー「Norwich Cathedral Flow Motion」

Norwich Cathedral Flow Motion / Rob Whitworth

ロブ・ホイットワース(Rob Whitworth)さんが、1096年にスコットランドのノリッチに建設された、美しいノーリッジ大聖堂(Norwich Cathedral)を世界初のハイパーラプス動画で紹介しています。

当ブログでも紹介(Tag / Norwich Cathedral)していますがホイットワースさんは、世界各地の都市をハイパーラプス動画で制作していますが、大都会の特徴やその魅力がコンセプトでした。

この作品「Norwich Cathedral Flow Motion」は、大聖堂の内部の美しさよりも人々との関わりや安らぎ、自然の営みが強く意識されているように思います。

歴史的建造物や空間、そして建物に流れる時間とストーリーを、先進のデジタル映像技術で表現する斬新なプロモーションムービーになっています。

平凡な魅力が乏しそうな対象物や空間でも、新しい斬新な視点やコンセプトで捉え直すことは新たな価値を創造します。デジタル映像技術のアートですね(^^)

Norwich Cathedral Flow Motion from Rob Whitworth on Vimeo.

バンクシーが壁を一望するホテルを開業(The Walled Off Hotel)

The Walled Off Hotel / banksy.co.uk

イギリスの覆面アーティスト、バンクシーがパレスチナ暫定自治区ベツレヘムに突如、ホテルを開業しました。

ホテルの客室からは、うねるように連なるコンクリートの壁や、イスラエル軍の監視塔が一望できることから「世界最悪の眺め」をうたって注目されています。

ホテルにはバンクシーの作品で飾られていて、客室の一つには、イスラエル兵とパレスチナ人が「まくら投げ」をしている壁画が描かれているほか、催涙弾のガスに口元を押さえる人物の胸像なども置かれています。

バンクシーは、これまで「壁」を題材にして数多くの風刺画を描いています。イギリスのテレビ局チャンネル4は「最近、壁がアツいでしょう。でも、私はトランプが流行らせる前から注目してたんだ」という本人の発言を伝えています(^^)

ホテルのウィサム・サルサー支配人によると、客室は20日から利用可能。1泊30ドル(約3400円)からとなっているようです。予約は3月11日から、ショップの名前が Wall*Mart です。

「世界最悪の眺め」ですが、客室や作品は素晴らしいですよ(^^) ホテル(The Walled Off Hotel)の内部やバンクシーの作品は公式サイトでご覧ください。