日本の新任CEOの平均は61歳と世界で最も高い

2017年5月16日、PwCネットワークのStrategy&は、世界の上場企業における時価総額の上位2,500社を対象に、CEOの承継についての第17回となる年次調査をまとめています。調査対象のうち2016年にCEOが交代したのは14.9%、372社でした。日本ではいくつかの顕著な傾向が見られます。調査の全文は、下記のPDFをご覧ください。

日本は2016年新任CEOの平均年齢は61歳と昨年より1歳上がり、世界平均の53歳と比べて8歳も高くなっています。

・新しく就任するCEOの平均年齢は、日本が61歳ととびぬけて高い。

日本企業で日本人以外のCEO就任は0%(世界平均13%)、3%が他企業からの招聘で(世界平均18%)、他企業でのCEO経験は9%(世界平均21%)でした。さらに他企業での業務経験は33%(世界平均74%)(図表10参照)、MBA保有率は4%(世界平均36%)で 、これらの数値はすべて世界で最も低い値です。また、新任女性CEOは0%(世界平均3.6%)でした。

・他企業での経験は日本が最も少なく、1つの企業に勤め続けて就任するCEOが2/3を占める。

国家でも企業でもリーダーの資質は、その行方を大きく左右します。年齢や資格が全てではありませんが、日本企業のリーダーシップや経営判断について疑問を持つ事例が後を絶たないのも事実です。

デジタルやテクノロジーから遠い日本のCEO(PwC Japan)


パーソナライズ化された未来の宅配便を目指す

The self-driving delivery robot / Starship Technologies

飲食店やお花屋さんなどのデリバリーを代行している専門業者 Postmatesが、ニューヨークの地下鉄駅構内で「奇抜な広告ポスター」で知名度のアップを狙っています(^^)
ニューヨーク在住のりばてぃ♪さんが投稿しています。

この Postmatesは、2011年にサンフランシスコで創業し、全米各地で地域密着のオンデマンド宅配便を展開しています。2017年3月9日からワシントンDCで、Starship Technologiesが開発したデリバリー・ロボットの運用を開始しています(動画参照)

Starship Technologiesを創業した Ahti Heinla氏とJanus Friis氏は、Skypeの共同創業者でもあり注目度も高く、既に約20億円もの資金調達を完了している有力ロボットメーカーです。モバイル技術、特別設計の自動運転ロボット、地元の配送システムを組み合わせることで、配送をより迅速にスマートにそしてローコストで効率よく行うことを目指しています。

自動運転車(無人運転)や無人配送ドローン、このデリバリー・ロボットなど、世界的に「交通や配送のラストワンマイル」を解決するイノベーションと技術革新が進行しています。市街地や田舎、山の中(^^)など、個人が居住する地域や環境に合わせたスマートでローコストな「人流」と「物流」「配送」がテクノロジーの進展で可能になっていきます。未来の宅配便は間違いなくパーソナライズ化されます。

無人の宅配ロボットから食料を盗もうとする誘惑に駆られます(笑)