Googleデジタルワークショップのすすめ

デジタルマーケティング修了認定証を取得 / Google

Googleのデジタルワークショップは、検索の仕組みやソーシャルメディアの活用方法など、デジタルマーケティングの基礎を動画でわかりやすく学べます。
あなたのビジネスでインターネットを活用するヒントを見つけられます。最後まで無料で学習することができます。

WEBサイトや、ソーシャルメディアをはじめとするデジタルツールを活用している企業は、それらを活用していない企業に比べて、1人あたりの生産高が50%も高いことが Googleの調査(2016年)で明らかになっています。

少子高齢化が進む日本国民のITスキル向上は、生産性を向上させ、社会保障費を抑制します。いま、最初から学習しています(^^) 独学の思い込みなどもあるようです。試験では「おや?」と思うこともあって、楽しく学習しています(笑) 受講をお薦めします。

Googleデジタルワークショップでは各種デジタルツールを使いこなし、デジタルマーケティングの活用ができる人材の育成支援として、オンラインツールやセミナーを通じたトレーニングを企業や個人向けに提供しています。2020年までに 50万人に受講して頂くことを目指しています。

日本の開業率が他国と比べて非常に低い水準が続いているのがデータ(下図)から見えます。なぜでしょうか? 日本が「世界デジタル競争力ランキングで 26位」と評価されるのも極めて妥当のように思います。

出典:経済産業省 中小企業白書 2014, 2001 – 2012 をもとに作成 / Google

イノベーションジャパンは、日本をもっと元気にするために Googleと自治体等が協力し、日本全国各地の中小企業のデジタル化を推進し情報発信を支援することで、地域経済を活性化し日本経済に貢献することを目指しています。

3 つのカテゴリで地域経済の活性化を目指す。/ innovationjapan.withgoogle.com

画期的なルーク・アームと安価な3Dプリンティング義手

Veterans Receive DARPA’s LUKE Arm

6月30日、ニューヨークの退役軍人病院で近未来的な義肢の実演会が行われました。

ルーク・アーム(LUKE Arm)は、映画「スター・ウォーズ」のルーク・スカイウォーカーが装着した義手サイバネティクス)に因んでいます。

2016年5月にワシントンで初披露されたルーク・アームは、卵のように壊れやすいものからブドウ一粒大の小さなものまでつかむことができ、ねじ回しを扱うこともできます。

国防高等研究計画局(DARPA)と共にルーク・アームの開発に携わってきた米企業は、価格は10万ドル(約1,100万円)前後になるだろうとの見方を示しています。実演会に参加した、40年前に左腕を失った退役軍人のフレッド・ダウンズさん(72)は、物を持ち上げることができたときに涙をこらえたのを覚えていると語っています。

Enabling The Future / e-NABLE

一方の3Dプリンティング義手(写真)では、公式サイト(Enabling The Future)で、誰でも手軽に製作できる義手の作り方や、さまざまなタイプのデザイン(CADデータを含め)などの情報を公開しています。病気や事故などで手や腕を失った子ども達のために、基本的な知識と機材があれば、3Dプリンティングを使って義手を安価に製作できます。

子どもの成長に合わせたオリジナルの義手が製作できて、なおかつ単純な材料費では僅か20~50ドル(3〜6,000円)で作れるようにしています。ニューヨークのりばてぃさんが記事にしています。

DARPAのルーク・アームは最先端テクノロジーによる開発。一方の3Dプリンティング義手は、オープンデータによって安価にしたイノベーション。共通するのは「人に優しいテクノロジー」「障害者の自立」を追求しています。人を笑顔に前向きにする素晴らしいイノベーションです。