有名になりたかったジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)

Jean-Michel Basquiat / IMDb

ジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat、1960年12月 – 1988年8月12日)はニューヨーク市ブルックリンで生まれた米国の画家です。グラフィティ・アートをモチーフにした作品で知られています。

ブルックリンの中流家庭に生まれ、母は幼い息子を美術館によく連れて行ってます。7歳のとき、車にはねられ入院。その入院中に母が贈った「グレイの解剖学」の頭版は、その後の作品の重要なモチーフになります。

17歳の時に友人とインチキ宗教を生業とする、架空のキャラクター〈SAMO〉を創り出し、ダウンタウンで署名入りの詩的な落書きをして知られるようになります。

その後、ハイスクールを中退、手作りの絵葉書や、Tシャツを売ってお金を稼ぐようになり、やがてクラブ57(Club 57)の常連となり、マドンナとも付き合うようになります。美術界に足を踏み入れたバスキアは、米国ポップアートの旗手アンディ・ウォーホル(写真: at Mr. Chow. April 21, 1986.)に認められて人気と栄誉を得るようになります。

1250点を超えるドローイングと900点を超える絵を残し、オーバードースにより27歳の若さでこの世を去ったジャン=ミシェル・バスキア。彼の夢とは、そして望んだものは何だったのでしょう。

2010年サンダンス映画祭 ドキュメンタリー部門正式出品作品。1980年代のアート界に新風を吹き込んだアーティスト、ジャン=ミシェル・バスキア。本人の貴重なインタビュー映像をもとに綴られる初のバスキア・ドキュメンタリー作品です。

誰でもイラストが楽しくなる AutoDraw(A.I. Experiments)

www.autodraw.com

Googleの人工知能の実験分野(A.I. Experiments)から、人工知能(AI)を応用した楽しい自動描画ツール(AutoDraw)が発表されました。

スマートフォン、パソコン、タブレットに対応して、誰でも素早く「うまいイラスト」が描けるインタフェースになっています。無料で気軽に使えてダウンロードもできます。

いままで、多くのプレゼン資料や簡易チラシ、企画書、取扱説明書などを作成して来ましたが、どうしても文字だらけになりがちです。文章を簡潔にして写真や挿絵をデザイン、直感的に分かりやすくなるように心がけて来ました。個人的にはイラストをどうしようかを悩むことが一番多かったように思います(^^)

早速 AutoDrawを使ってみました。私の描いた下手なイラストに対して、人工知能が描画の特徴を抽出して検索、提案してくるイラストには、「おや?」「なるほど!」と思うものもあります。現在は数百レベルですが、これからもイラストは追加されるそうです。

文字認識に近いパターン認識を超えていないイラスト・アシスタント機能ですが、将来的に画像と結合させたり、「モノ」や「行動」を推定できるようなると、音声アシスタントに加えて下手なイラスト(笑)でもコンピュータとコミュニケーションができますね(^^) 言葉や文字によらない機器操作やネット注文が実現するように思います。