インストール不要のAndroid アプリ(Android Instant Apps)

Android Instant Apps / Google

2016年5月の Google I/Oデベロッパー・カンファレンスで 最高の Androidエクスペリエンスをユーザーに提供するとして、Android Instant Appsが発表されました。(YouTube)

Instant Appsの理想は、ウェブ・ページのアクセスの手軽さとネーティブ・アプリの機能と高速性を合わせたような存在になることです。ネーティブ・アプリを非常に細かい要素に分解し、ユーザーが必要な要素だけをダウンロードするというものです。要素が小さいためダウンロードも作動もほとんど瞬時に行われます。

Androidアプリのストアに行き、アプリをインストールし、その後に起動するという手間をかける必要がありません。単にURLをタップするだけでよいのです。
頻繁に利用することがないアプリを端末にインストールして容量を圧迫、無料のアプリでもインストールには躊躇ことがあるはずです。そんな「余計なアプリはインストールしたくない派」の人たちにとっても画期的ですね(^^)

1月23日に始まった実地試験では、「BuzzFeed」や「Wish」「Periscope」「Viki」がInstant Appsとして提供されており、ユーザーからのフィードバックを集めて改善を行うことで、今後は対応アプリを増やしてユーザーエクスペリエンスの拡大を図る予定とのことです。

実際の使用例としては、スマート駐車場での決済機能を使用できるアプリや、小売店などで使えるショップ専用アプリ、美術館での鑑賞やスポーツ施設での観戦の際に役立つ情報を提供するアプリなどが考えられています。都市や地域限定の観光案内アプリなども非常に便利そうです(^^)

Android Instant Apps の機能は、既存の Androidアプリのアップグレードであり、新規の別アプリではありません。Android APIも、プロジェクトも、ソースコードも同じです。この機能を有効にする作業には1日もかからない場合もあります。ただし、必要な作業は、アプリの構成によって違ってきます。詳しくは下記へ

  • Android Instant Apps(developer.android.com) ドキュメントへのアクセスを申し込む

世界初のバーチャルホームロボット、日本発「Gatebox」

Gatebox – Virtual Home Robot / vinclu Inc.

IoT製品の企画・開発を手掛ける株式会社ウィンクル(vinclu Inc.)は、12月14日12時からスタートした好きなキャラクターと一緒に暮らせる世界初のバーチャルホームロボット「Gatebox」の限定予約販売に関して、予約台数が5日で200台を突破したことを発表しました。

AIを搭載したファミリーロボットやソーシャルロボットとも呼ばれるホームロボット分野で新製品が相次いでいます。
この分野に共通する最大のテーマは「人との交流とコミュニケーション」にあり、学習能力の優劣(賢い)や、個性的な「振る舞い」「感情の表現」、そして外形や容姿をヒトに近づけると「不気味の谷現象」も問われます。

この「Gatebox」は、バーチャルアイドル「初音ミク」の登場から予想されたバーチャル製品ですが、「コミュニケーション」と「愛らしい」「感情の表現」「癒し」を追求した、アニメ文化やメイド文化が特徴の日本らしい製品とも言えます。
現在、プリ・オーダー(Pre-Order)を受付けており、2017年1月31日(火)まで限定300台程度、価格298,000円(税抜)、2017年12月以降順次配送となっています。

ファミリーに向けた AIロボットが多い中で「Gatebox」のターゲットが独身男性のこともあり、海外メディアでは日本の若者の孤立化を促進するのではと心配する報道もあります。

世界から周回遅れの日本型コミュニケーション