利用時間でデジタルがTVを上回るのは2018年(日本)

テレビ利用時間とデジタル利用時間の推移(日本)/ eMarketer
テレビ利用時間とデジタル利用時間の推移(日本)/ eMarketer

11月16日、eMarketerが日本とドイツにおける、主要メディアの利用時間の推移を発表しました。
日本の「テレビ利用時間とデジタル利用時間の推移」を見ると、2018年中にデジタル(3時間14分)がテレビ(3時間17分)を上回ると予測されています。

米国では、2013年にはデジタル利用時間がテレビ利用時間を上回っていますので日本は5年遅れです。ドイツも発表されていますが、来年(2017年)にはデジタルがテレビを抜く予測です。

日本が2018年と遅いのは、テレビのみ視聴する時間が長い高齢者の比率が高いためと推測できます。

米国の2018年では、デジタル利用時間は6時間01分(2018年)、テレビ視聴時間が3時間55分(2018年)と予測されています。日本に比較してデジタルとテレビが共に長時間であることが分かります。単純に合計すると約10時間です(笑)

テレビを観ながら、ネットの利用が増加 / eMarketer
テレビを観ながらネットの利用が増加 / eMarketer

テレビ視聴時間については、米国には面白いコンテンツがあることやデマンド視聴が充実していることからと推測できます。デジタル利用時間では、日本よりなんと2時間40分も多くなる予測データです。

デジタル利用時間が長時間になるのは、仕事以外に紙媒体によるニュースや教養、読書、料理、教育、通販など、すべてのメディアのデジタルシフトが一層進み、ライフスタイルのあらゆる場面でデジタルが利用されると予測されています。

テレビを視聴している時間においても、ネットの利用が増加しています。2014年と2016年を比較すると、テレビを観ながらネットを利用する人が大幅に増えています。
特にお気に入りの真剣に観るテレビ番組を除いて、マルチ利用(ながら族)が当たり前になってきます(^^)

素敵なクーパー・ヒューイット国立デザイン博物館

クーパー・ヒューイット国立デザイン博物館 / Wikipedia
クーパー・ヒューイット国立デザイン博物館 / Wikipedia

クーパー・ヒューイット国立デザイン博物館(Cooper-Hewitt, National Design Museum)は、ニューヨークにあるデザインとデザイン史に関する展示をおこなっている、唯一の国立博物館です。

博物館(www.cooperhewitt.org)では、大規模なデジタル化プロジェクトを完了。コレクション全体の92パーセントにあたる20万点の所蔵品が、オンラインで閲覧できるようになったそうです。

博物館本体も2014年12月にリニューアルしてインタラクティブ性を高めています。来館者は大きなタッチスクリーン・テーブルで、デジタルアーカイブを調べたり、オリジナルのデザインを描いたり、テクノロジーを駆使したデジタルペン(USING THE PEN)で個人アカウントに所蔵品の画像を保存したりすることができます。素晴らしいですね(動画を参照)

Petite New Yorkのミキッシュさんが人気のミュージアムをレポートしています。3,000年前の所蔵品と最新デジタルテクノロジー、子どもたちに限らず楽そうです(^^)

科学と芸術の発展のためのクーパー・ユニオン / Wikipedia
科学と芸術の発展のためのクーパー・ユニオン / Wikipedia

このデザイン博物館は、1897年にクーパー・ユニオン(Cooper Union)の一部として創設されています。

1859年に設立した私立大学のクーパー・ユニオンは、ピーター・クーパー(Peter Cooper、1791年 – 1883年)氏が、1830年にフランスの政府支援大学エコール・ポリテクニークにインスパイアされて設立しました。

「教育、最高の技術学校は、人種、宗教、性別、貧富または社会的地位とは関係なく、資格のあるものたちが受けることができ、すべてに無料で開かれているべきである」という信念に基づいています。

2013年までは入学が許可された生徒すべてに授業料全額免除の奨学金を付与していました。2014年から有料になりましたが、生徒は最低でも授業料の半額分の奨学金を受けることができるそうです。奨学金の手厚さや教育レベルの高さから、アートおよびアーキテクチャの合格率は5%以下です。

Cooper Hewitt Smithsonian Design Museum from Local Projects on Vimeo.