サハリン州郷土博物館(Сахалинский областной краеведческий музей)

バーチャル見学 / サハリン州郷土博物館

初代サハリン博物館は、1896年(明治29年)にアレクサンドロフスキー砦で創設。懲役を勤めていた活動家と、その知人たちやサハリン流刑地の行政機関の力で、民族誌、考古学、地質学、植物学、動物学などのコレクションが収集されました。(下記参照)

1937年、樺太庁博物館の建物は、日本の伝統的な建築「帝冠様式」です。樺太庁博物館ではサハリン南部の原住民の民族誌、古生物学、植物学などのコレクションが展示されていました。
そこではアイヌの言語学者 知里真志保、民族誌学者の山本としお、植物学者の菅原繁蔵などが活動をしていました。

九五式軽戦車 ハ号 / Wikpedia

九五式軽戦車は、日本戦車としては最多の2,378輛が生産され、第二次世界大戦中の日本軍の主力戦車として運用されていました。

アジア各国や米国、そしてモスクワなど世界中に展示されていますが、サハリン州郷土博物館にもあったんですね(^^)

この博物館には、社会の歴史や文化、サハリンとクリル列島の自然に関する本物の物を保管。展示されている物とコレクションの数は、20万個以上です。珍しい展示物の中に、サハリンの原住民(アイヌ、ウイルタ(オロック)、ニブフ)の伝統的な文化の古い物と、古生物学的なコレクションがあります。
「歴史的な地質学」や「古代文化と民族」「ロシアの懲役徒刑地とされたサハリン」などを展示、面白そうな郷土博物館ですね(^^)

The main museum of Yuzhno-Sakhalinsk in the city of Yuzhno-Sakhalinsk, Sakhalin Island, Russia. / Wikipedia Commons

世界唯一のマッチ博物館(Tändsticksmuseet)はアートの拠点

Museum Jönköping / Wikipedia
Museum Jönköping / Wikipedia

スウェーデンにある人口約9万人の街ヨンショーピング市(Jönköping)に世界唯一のマッチ博物館(Tändsticksmuseet)があります。

1833年頃からスウェーデンがマッチの大工場を作り、大々的に黄りんマッチを製造して販売。1855年には、スウェーデンのジョワン・ルンドストレーム(Johan Edvard Lundström)と Carl Fransの兄弟が、赤りんを基にして発火剤と燃焼剤を分離させた、現在よく知られるタイプ(マッチの軸と箱の側面とに薬品を分けた)の安全マッチを初めて開発、特許も取得します。以後「スウェーデン式安全マッチ」として世界に君臨するマッチ大国を作り上げることになります。
グローバルなマッチの歴史や日本との関係、産業の盛衰など、このマッチの全てが分かる秀逸サイト「マッチの世界」は素晴らしいです。

最初に建てられた工場にマッチ博物館があります。館内には、時代とともに変化する多種多様なマッチラベルが展示されています。また、1900年代の古い機械や自動マッチ製造機などとともに、労働者が燐(りん)を扱う作業によって引き起こされた悲惨な職業病のことも解説されています。そばにラジオ博物館(Radiomuseet)もあります。

kristina gadh / Facebook
kristina gadh / Facebook

スウェーデンの国営マッチ博物館は、過去の歴史や文化を展示して解説するだけではありません。

「ラベルデザイン」や「火をつけるマッチ」からインスピレーションされたアート、写真、彫刻などの展示や、商品デザインにも積極的に活用しています。また、学生や親子などを対象としたワークショップも開催、地域のクリエイティブを支援しています。未来を拓く博物館としてアートの拠点機能も有しています。

スウェーデンは国際競争力の高い企業も多く、デザインやIT先進国とも言われます。2016年IMD世界競争力ランキングは5位(日本は26位)、2016年世界経済フォーラム(WEF)では日本を抜いて6位(日本は8位)にランクされました。

9月28日発表 2016年世界経済フォーラム(WEF)報告書のランキングでは、1位スイス、2位シンガポール、3位米国で順位は昨年と変わりません。4位は順位を1つ上げたオランダ、5位のドイツは順位を1つ下げています。6位のスウェーデンと7位のイギリスは順位を上げて日本を抜きました。8位は日本、9位は香港、10位フィンランドとなっています。

Jönköping-Streichholzmuseum / Wikipedia
Jönköping-Streichholzmuseum / Wikipedia