Amazon Robotics Challenge 2017は ARCV(オーストラリア)が制す

名古屋開催の 2017年アマゾン・ロボティクス・チャレンジ(Amazon Robotics Challenge 2017)で、オーストラリア・ロボティック・ビジョン・センター(ARCV)が上位8チームの決勝(7/30日)を制して8万ドル(約880万円)を獲得しました。

ARCVは、オーストラリアの4大学が参画している研究拠点 Australian Centre for Robotic Vision の研究者と学生達で結成するチームです。2016年の商品仕分けロボットコンテスト(Amazon Picking Challenge 2016)では6位でした。

The Australian Centre for Robotic Vision (ACRV) Team / Facebook

優勝した ARCVは、いま主流のアームロボット型ではなく、2万4千ドル(約264万円)という安価なカスタムロボット(Cartman)を設計製作。画像認識と機械学習のオリジナル方式を開発して、雑然とした環境下でもピック&プレイスのタスクがこなせるとしています。

Results: ROBOTICS CHALLENGE JULY 27-30, 2017

世界各国から16チーム(下記)が参加しました。2位はドイツのボン大学、3位はシンガポールの南洋理工大学。日本勢では初参加の NAIST-Panasonicが6位でした。世界の大学ロボットコンテストのようになってますね(^^)

  • MC^2: 三菱電機、中部大学、中京大学
  • NAIST-Panasonic: 奈良先端科学技術大学院大学、パナソニック
  • Team T2: 鳥取大学、東芝
  • Team K: 東京大学
  • MIT-Princeton: マサチューセッツ工科大学、プリンストン大学
  • Team Duke: デューク大学
  • PLAID: カーネギーメロン大学
  • GMU-Negev: ジョージメイソン大学、ネゲヴ・ベン=グリオン大学
  • ACRV: クイーンズランド工科大学
  • IITK-TCS: インド工科大学カーンプル校、タタ・コンサルタンシーサービシズ
  • TKU M-Bot: 淡江大学
  • Nanyang: 南洋理工大学
  • NimbRo Picking: ボン大学
  • UJI RobInLab: ジャウメ1世大学
  • Applied Robotics: スマートロボティクス、シドニー大学
  • IFL PiRo: カールスルーエ工科大学、ヘルムートシュミット大学

画期的なルーク・アームと安価な3Dプリンティング義手

Veterans Receive DARPA’s LUKE Arm

6月30日、ニューヨークの退役軍人病院で近未来的な義肢の実演会が行われました。

ルーク・アーム(LUKE Arm)は、映画「スター・ウォーズ」のルーク・スカイウォーカーが装着した義手サイバネティクス)に因んでいます。

2016年5月にワシントンで初披露されたルーク・アームは、卵のように壊れやすいものからブドウ一粒大の小さなものまでつかむことができ、ねじ回しを扱うこともできます。

国防高等研究計画局(DARPA)と共にルーク・アームの開発に携わってきた米企業は、価格は10万ドル(約1,100万円)前後になるだろうとの見方を示しています。実演会に参加した、40年前に左腕を失った退役軍人のフレッド・ダウンズさん(72)は、物を持ち上げることができたときに涙をこらえたのを覚えていると語っています。

Enabling The Future / e-NABLE

一方の3Dプリンティング義手(写真)では、公式サイト(Enabling The Future)で、誰でも手軽に製作できる義手の作り方や、さまざまなタイプのデザイン(CADデータを含め)などの情報を公開しています。病気や事故などで手や腕を失った子ども達のために、基本的な知識と機材があれば、3Dプリンティングを使って義手を安価に製作できます。

子どもの成長に合わせたオリジナルの義手が製作できて、なおかつ単純な材料費では僅か20~50ドル(3〜6,000円)で作れるようにしています。ニューヨークのりばてぃさんが記事にしています。

DARPAのルーク・アームは最先端テクノロジーによる開発。一方の3Dプリンティング義手は、オープンデータによって安価にしたイノベーション。共通するのは「人に優しいテクノロジー」「障害者の自立」を追求しています。人を笑顔に前向きにする素晴らしいイノベーションです。