先生と生徒の個性的なハンドシェイクが人気!

Teacher Has Personalized Handshakes With Every One of His Students / YouTube

米ノースカロライナ州の5年生を担当する英語の先生が、生徒一人一人と、生徒の個性に合わせて楽しいハンドシェイクをしています。

そして、この熱烈なハンドシェイク・パフォーマンスが生徒たちを刺激して、クラスが活気付いているそうです(^^)
全米のテレビで取り上げられ、ネットで拡散され話題になっています。

ノースカロライナ州シャーロットにあるアシュリー・パーク・小学校(Ashley Park PreK-8 School)のバリー・ホワイト・ジュニア(Barry White, Jr)先生と生徒の楽しいハンドシェイクは人々の共感を呼んでいます。
生徒たちのハンドシェイクにそれぞれ個性があり、先生の即興パフォーマンスも面白く YouTubeやFacebook(1億2千万超え)、Twitterなどで爆発的に拡散して再生されています。

教育に革命を!ケン・ロビンソン卿(TED)や、NYCブルックリンのロペス校長先生の素敵な言葉「一度に一人ずつ。一人一人が大切なんだ。」とも共通しますが、「一人一人の個性」を尊重する姿勢が子どもたちの創造力を引き出し、学習意欲も高めているように思います。

他の先生たちも実践されているようですよ(^^)

素晴らしいバラク・オバマ氏のラストシーン

2009年1月20日から2017年1月20日までの8年間、第44代米国大統領としてホワイトハウスから米国と世界を見つめ、歴史を刻んできました。バラク・オバマ氏は、歴代大統領で最もアート作品になっているそうです。最後の支持率はなんと60%でした。

ホワイトハウスを後にする最後の一瞬を捉えた一枚の写真。その後ろ姿に寂しさも漂いますが、颯爽と光に向かう構図は新たな希望に向かっているような素晴らしい陰影のラストシーンです。

Peace out (i.imgur.com)