世界初の「FREE TO ALL」を掲げるボストン公共図書館

ボストン公共図書館(The Boston Public Library, BPL)は、米国のボストンにある米国最古の市立図書館です。1848年(嘉永元年)に創設され、会員制ではなく公衆に対して無料で公開された世界初の近代的公共図書館です。中央館のほかに26の分館を有し、約610万冊の一般図書に加えて約120万冊の貴重書、手稿本などを所蔵しています。重要な所蔵資料としては、シェイクスピアの初版本や、ジョン・アダムスの個人コレクションなどがあるそうです。

1858年に女子校の間借りを離れて新館に移ったボストン公共図書館は、蔵書冊数を急速に増やして米国議会図書館に次ぐ米国第2位の図書館となっています。また、会員制のボストン商人図書館など、先行するいくつかの図書館を吸収して、複数の分館をもつ大規模な公共図書館に発展しています。

Boston Public Library Reading Room / Wikipedia

ニューヨーク在住(Petite New York)のミキッシュさんがショートトリップでボストンに滞在、ボストンのフリーダムトレイルやミュージアム、グルメ、ホテルなどボストンの魅力を素敵な写真と動画で紹介しています。

そして、「ボストンでは美しいミュージアムの数々にも感動しましたが、もうひとつニューヨーク同様、それ以上かも、と思うほど美しく感動したものがあります」として、ボストン公共図書館の美しい内部を記事にしています。新館には「FREE TO ALL」を掲げ、多言語で「どなたでもご利用いただけます」と表示したオープン性は素晴らしいですね(^^)

美しい勝利の女神、至宝サモトラケのニケ(NIKE)

Victoire de Samothrace / Wikipedia

パリのルーヴル美術館で「ミロのヴィーナス」とともに至宝とされる「サモトラケのニケ」は、ギリシア神話に登場する「勝利の女神」として、また優美でダイナミックな姿や、翼を広げた女性という特徴的なモチーフなどから世界中の人々に愛されています。

彫像を正面に見て右斜め45度の位置に立った時に、この彫刻は最も美しく見えます。彫刻の構成ラインを明確に見せてくれます。
一つのラインは、大きい垂直線で、右足に沿って、胸の高さまで上がっています。もう一つは、斜めの線で、左足から、腿へ上がり、胸に至ります。

こうして、勝利の女神像は、その肉体の花開いた形状と、衣の襞のまとまりと、動きのエネルギーとを同時に支える直角三角形におさまっています。ルーペで見る《サモトラケのニケ》で詳しく説明されています。YouTubeは2015年に終了した「ニケの修復作業」です。

ナイキ(Nike,Inc.)の由来は、社員の一人ジェフ・ジョンソンが夢で見た(^^)勝利の女神ニーケー(Nike)から、そしてロゴマークは翼をモチーフにデザインしたとされています。映画「タイタニック」で、甲板先端で両手を広げたポーズを取るのは、船の舳先に立つニケの真似です。
勝利の女神として美しく翼を広げた女性のダイナミックな動きが象徴化され、印象が強い頭部(顔)がないからこそ多くの人に愛されたのかも知れません(^^)

日本でのニケ野外彫刻像も大学やスポーツ施設などを中心に数多く、北海道では小樽市生まれの國松明日香(くにまつあすか)さんの NIKEをモチーフにした作品が有名です。

TED Talks 美をどう感じるか(リチャード・セイモア)