ブロックチェーンが経済にもたらす劇的な変化とは(TED: Bettina Warburg)

Bettina Warburg: How the blockchain will radically transform the economy

分散型経済へようこそ。今まさに、ブロックチェーンにより何もかもが変わろうとしている、とベティーナ・ウォーバーグ(Bettina Warburg)氏は言います。

ウォーバーグ氏は、「経済活動を円滑化する役目を持つ銀行や政府といった中央集約型の機関の必要性をブロックチェーンが一掃し、古くからある商業や金融取引のモデルが、分散型で、情報透明性が高く、自立型の価値交換システムへと進化を遂げるでしょう」と、述べています。

複雑で理解の難しいブロックチェーンという技術を、ウィキペディアと比較し、中古のスマートフォンを eBayで購入することを例に、噛み砕いて説明したトークになっています(^^)

ウォーバーグ氏は、「今日、私の話の中から1点だけでいいので覚えておいてほしいことがあります。ブロックチェーンの技術は、比較的新しいと言えども、非常に人間らしいある傾向を引き継いだものです。それは、私たち人間が他人と価値の交換ができるように、お互いに対する不安を軽減する方法を見つけ出すものです」と話し始めます。

最後に「私たちも、そろそろ心の準備を始めるべきだと思います。今、間近に迫る世界は分散型で自立型の機関が、かなり重要な役割を持つ世界だからです」と語っています。

はっきり主張できるようになるには(TED: Adam Galinsky)

Adam Galinsky: How to speak up for yourself

はっきり自分の考えを述べることは、そうすべき時でも難しいものです。

社会心理学者アダム・ガリンスキー(Adam Galinsky)さんの賢明な助言から、意見をはっきりと述べ、難しい状況もくぐり抜け、自分自身の力を強化する方法を学ぶことができます。

ガリンスキーさんは、自己主張のジレンマに関して世界中の人々に質問をしてきました。自分を強く主張できる時とは? 自分の利益や関心を押し通せる時とは? 自分の意見を表現できる時とは? 野心的な要求ができる時とは?
この調査を通して人にはそれぞれ許されている言動の範囲があることに気がついたそうです。この講演では、自分の言動の許容範囲を広げる興味深い道具一式を述べています。

ガリンスキーさんは、最も重要な道具の1つに「他者視点取得」と呼ばれるものがあると指摘。他者視点取得とは、実に単純で他者の視点を通して世の中を見るということです。これが自分の許容範囲を広げてくれる最も重要な道具の1つと言います。

「相手の視点を取り入れて相手が本当に望んでいるものを考えると、相手から自分の望んでいるものをもらえる可能性が高まります」と、その重要性について語っています。