チェブラーシカ/絵本「ワニのゲーナ」の原作者死去

エドゥアルド・ニコラエヴィチ・ウスペンスキー
Эдуард Николаевич Успенский / Wikipedia

エドゥアルド・ウスペンスキー(ロシア語: Эдуард Успенский, Eduard Uspensky 、1937年12月 – 2018年8月14日)氏は、ソビエト連邦ロシア共和国出身の児童文学作家で「チェブラーシカ」シリーズの原作者として知られます。8月14日、モスクワ郊外の自宅でガンのため80歳で亡くなりました。ご冥福をお祈りいたします。

チェブラーシカは、シリーズもの絵本「ワニのゲーナ」(ru:Крокодил Гена)に登場するキャラクター。そのシリーズの本来の主人公は、友人である「ワニのゲーナ(Gena the Crocodile)」でしたが、その人気からチェブラーシカが実質的な主人公となっています。ロシア語で「ばったり倒れ屋さん」という意味があります。

1969年からロマン・カチャーノフ監督により人形アニメで映画化され、日本にも紹介されました。2009年に日本でテレビアニメ化され、2010年には約6年近い歳月をかけた完全新作の人形アニメ映画が完成、日本公開(2010年版人形アニメ)されています。

チェブラーシカとワニのゲーナは、ロシアのジョーク(アネクドート)に登場する定番のキャラクターともなっています。また、輸送機アントノフAn-72・An-74は、翼の上にエンジンがあって正面から見るとチェブラーシカの顔に似て見えるため、チェブラーシカの愛称で呼ばれています。

さらにチェブラーシカの名前は、スポーツカー、電気機関車、レモネードから、測地学における測地法の一種にまで様々に用いられ、チェブラーシカは2004年のアテネオリンピック以降ロシア選手団の公式キャラクターにもなっていました。

USSR stamp depicting Gena and Cheburashka, 1988. / Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です