FH010021

Harvard Museum

1990年当時は、薄暗い照明で決して奇麗とはいえない展示、いかにも学術的?といわれるようなごちゃごちゃした内部でした(^^)

ハーバード大学博物館内の写真です。サムネイル画像をクリックすると、大きな画像で見ることができます。

鉱物系博物館の展示をはじめて見ました。印刷やメディアでは表現できないのではないかと思われる、透明感や深い沈むような色合いがあり、鉱物がもっている無限の色彩と造形の美しさが、特に印象に残りました。

いまは、ネットで見ると内部や展示も奇麗になっているようです(^^)

博物館展示写真アルバムです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です