コンピュータ博物館の展示

FH000025
Computer Museum

ボストンにあったコンピュータ博物館のコンピュータに関する歴史展示とロボット展示です。

この博物館は広い場所ではないので、特に特徴的なコンピュータを展示していました。世界初の商用コンピュータ「UNIVAC 1」(1951年)です。

数あるロボット展示で面白いと感じたが「医者ロボットが患者ロボット(人間)を手術」しているこの展示です。

FH10003
ロボットがロボットを手術

知能を持つようになったロボットが、人間のように振る舞う様子を提示しています。

ロボットがロボットを生産、手術(人間も?)する未来映画でテーマにしている問題を、子ども達はどう受け止めたのでしょうか?

観る人や子どもたちに考えさせるテーマ展示も”おしゃれ”ですね(^^)

FH10008
PDP-8とスパコン「Cray」

1990年当時の日本にはコンピュータ博物館はなく、コンピュータは技術者の特殊な機械?と見られていましたね。

コンピュータ博物館と子ども博物館を一緒にして、原理・原則を分かりやすく、楽しくなるように工夫され、特殊な機械ではなくなる未来に投資する公共政策はいいな〜と感じました。

コンピュタ博物館に会員登録をして、ずっとメールでイベント案内も来ていました(^^)

鉄腕アトムの解説パネルもあった館内の写真アルバム(12枚)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です