FH000024

Welcome to COMDEX

1990年には、Windows3.0が発表され、Intel 386が高性能プロセッサの時代です。人々のファッションなどは時代を感じさせますね(^^)

パーソナルコンピュータの値段が30〜40万円(Macは70万円!)くらいでした(^^)いま思うと高い!(^^)

この頃からパソコン通信で接続されたPCは、もはや一つのメディアという認識になっていました。

@関西人さん「超高層ビルとパソコンの歴史」のページです。

私が持ってきた東芝ダイナブックは、IBM PC互換機、FDタイプ 198,000円でした。

FH000025

展示会場

世界中から1,850社が出展していました。欧米や日本のメーカーが大きなブースに展示していましたが、会場内の一角に台湾?(アジア系)の会社が、小さいブースで「パンフレットと基板一枚」で出展して、一生懸命アピールしている姿が印象に残っています。

このバイタリティこそが、いまの経済発展の原点ですね(^^)

ソフトウェアのBORLANDやOFFICE WORK関連ソフトは、説明を聞いてもあまり良く分からず・・・(^^):::

Windows採用のIBM PCとノート型PC、ネットワーク(LAN)などが注目されていたようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です