A hairy ride up the vineyards near Sion, Switzerland / Robert Thomson

スイスの有名ビジネススクール、IMD(国際経営開発研究所)は19日「2010年の世界競争力年鑑」を発表。総合順位トップはシンガポールとなり、2位は香港、昨年まで首位を保ってきた米国は3位に転落、日本は昨年から10ランク下げ、27位となりました。

アジア勢では5位のオーストラリアや、中小企業の競争力が強い台湾は23位から8位へ順位を上げ、10位のマレーシアは今年初めてトップ10入りしました。中国は20位から18位へ、また韓国は23位でした。
なお、日本は調査開始の89年から93年までトップになっています。

経済成長率や財政政策、政府の効率性、高齢化、文化の開放性、労使関係など多項目を評価判断されますが、納得するところも多いランキングではありますね(^^)
——————
「My Life in MIT Sloan」ブログに「成功するリーダーに必要な「正しい判断力」とは?」というエントリがあります。このなかで「判断力」とは次の三つの能力に分解できる。と、Lilacさんは述べています。いい内容です(^^)
1. 今が判断するタイミングだということを認識できる(Judgement call)
2. 正しく状況判断と分析が出来る
3. 2から論理的に正しい結論を出せる
判断すべきタイミングで、状況を正しく分析しているにもかかわらず、結論として「動かない」という判断をするリーダーはたくさんいる。そして、そのリーダーに率いられた企業や国家は、いつの間にか没落してしまったりする。
——————
同感です。日本全体のことでなければいいですが・・・。以前、“How We Decide”(我々の意思決定の仕組み)という本に関して興味深いエントリ「ニューヨークの遊び方」を紹介しました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です