産業構造ビジョン2010

6月1日、経済産業省は日本経済の再生策を示す成長戦略「産業構造ビジョン」を決定しました。産業構造審議会の産業競争力部会・第6回(平成22年6月1日)資料の一部です。

産業構造ビジョン2010骨子(経済産業省)

資料4に産業構造ビジョン概要(全体版)と、資料5に産業構造審議会産業競争力部会報告書(案) ~産業構造ビジョン2010~ が掲載されています。

1、世界の主要プレイヤーと市場の変化に遅れた日本産業の行き詰まりを直視
2、戦後成長の「成功の神話」からの脱却

「国と企業の壁、省庁の壁、国と地方の壁を越え、グローバル大競争時代に打ち勝つ戦略の構築と実施が不可欠」とあります。もはや先送りや場当たり政策は通用しません。すべての産業や企業、地域がWINにはならないはず、日本の未来のため国家戦略的な政策実行力が求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です