YouTubeから生まれるスターたち

Justin Bieber - Baby ft. Ludacris / VEVO
Justin Bieber – Baby ft. Ludacris / VEVO

ジャスティン・ビーバー(Justin Drew Bieber)くん、カナダ出身、1994年生まれの16歳です。
2007年末頃から、スティーヴィー・ワンダー、Ne-Yo、マイケル・ジャクソンなどの曲をカバーしてYouTubeに投稿し始め、2010年5月1日付けの「ビルボードホット100」で全米1位を3週獲得となった彼は、10代の男性ソロ・シンガーとしては、スティーヴィー・ワンダー(1週)、リッキー・ネルソン(2週)を抜いて新記録を達成しています。

このYouTube動画は、現在、3億3千万PVを記録。今年5月にレディー・ガガの「Lady Gaga – Bad Romance」が2億PV超え新記録を軽く抜いてしまいました。凄いですね(^^)

ジャスティン・ビーバーくんスター誕生の経緯は、りばてぃ♪「NYの遊び方」さんが、「ネットとテレビの融合」がこんな形で実現!? 日本ではまだこうした事例は出てないと思いますが、いつの間にかアメリカでは、Youtubeにポストした動画がきっかけでテレビ番組に出演したり、一躍大ブレークする素人の子たちが現れました。として紹介しています(^^)面白いですね。

ソーシャルメディア、マーケティングとしても興味深いですね(^^)自伝映画や写真付き公式自伝出版なども予定されているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です