イサム・ノグチの母「レオニー」

Glass Pyramid in Moerenuma Park

世界的彫刻家イサム・ノグチ(Isamu Noguchi/野口勇) の母、レオニー・ギルモア(Leonie Gilmour) の生涯を描いた映画「レオニー」が11月20日から公開されます。

イサムは、1907年(2歳4ヵ月)で母レオニーと一緒に来日。イサムは、6歳から約6年間を過ごした神奈川県茅ケ崎村を「故郷」と呼んでいます。多感な子ども時代の原風景があり、教師・作家だった母「レオニー・ギルモア」との幸せな時間と空間がありました。

三角形の家と丸窓

レオニーは、茅ケ崎村の三角形の奇妙な土地に、地形に合わせた「三角形の家」を建てます。レオニーは「幼いころから美への目を養い、やがて自分の思いを表現できる何らかの技能をその手につけさせてやりたい。」と手紙に書いて来日しています。

「三角形の家」では、9歳ながらもイサムが共同設計者となり、大工さんから技能を学び、日本庭園の美しさにも接しながら、母との楽しい思い出が詰まった家となりました。
イサムは、いつも2階の「丸窓」がある和室から富士山を眺めていました。

モエレ沼公園の一角にあるこの丸窓のあるコンクリートのモニュメント、子どもの遊園地・遊具と一緒です(^^)母レオニーとの原風景のように・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です