知られざる隣国「中国」

歴史地図2000 / OMURA Mitsuru

世界第二の経済大国(GDP)になることが確実の隣国「中華人民共和国(中国)」。近年は、北京オリンピックや上海万博の開催で、成長する中国の政治・経済・文化など、全ての分野に注目が集まっていました。

ここに来て、服役中である著名な民主活動家(著作家)である劉暁波氏が、中国国籍を有する中国人として初のノーベル賞を受賞しました。

このノーベル平和賞に対しての、中国政府指導部の対応が世界の衆目を集めています。

中国大陸の歴史を辿れば、4000〜5000年。「アジアの時代・アジアの世紀」と言われているいま、悠久の優れた文明や文化、深遠なる知識や知恵を魅せてほしいと思うのは私だけではないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です