映画 ハーブ&ドロシー(Herb & Dorothy)

ハーブ&ドロシー(Herb&Dorothy)
ハーブ&ドロシー(Herb&Dorothy)

アメリカの美術コレクターといえば、ロックフェラーやグッゲンハイムなどの大富豪のイメージです。しかし、ハーブ&ドロシーのヴォーゲル夫妻は、もと郵便局員と図書館員です。

小柄なご夫妻は、月々の給料の中から4,000点にもおよぶ現代アートを買い、1LDKのアパートで、質・量ともに圧倒的なコレクションを築いたのです。
アートを愛しアートと暮らす2人の姿を描くドキュメンタリー「ハーブ&ドロシー」が公開されます。

監督の佐々木芽生(めぐみ)さん(48)はニューヨーク在住。つましい生活の中で買い集めた膨大なコレクションを、無償でアメリカ国立美術館ナショナルギャラリーに寄贈した夫妻に「現代のおとぎ話のような感動があった。」と言います。

ハーブ88歳、ドロシー75歳。映画では過去と現在を行き来しながら、アートとともにあった2人の暮らしが映し出されます。

いまでは、有名となったアーティストが、楽しく2人について語ります。お二人にとって人生の幸福、豊かさとは・・・・。若い無名のアーティストを発掘、支援、芸術や文化がもっている「創造力」を大切にする、いい映画ですね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です