ドイツで初のヒトラー展(国家と犯罪)

Mercedes-Benz 770K in Auto Collection, 1990

ベルリンの国立歴史博物館で「ヒトラーとドイツ人」展が開かれています。同国では戦後、ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)やナチズムをテーマにした展示が企画されてきましたが、ヒトラーに焦点を当てた催しは初めてです。

同展は15日に始まり、1週間で2万人以上が訪れ、「常に入場待ちの列が出来る展示は当館ではおそらく初めて」(同博物館)なほどの人気です。

会場には、ヒトラーの顔を載せた雑誌の表紙や金属製の胸像、宣伝看板、募金箱、ヒトラーを崇拝する写真、映像などがずらりと並んでいるそうです。

写真は、アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)の愛車だったメルセデスベンツ(Mercedes-Benz)。昨年11月、ロシアの富豪が数百万ユーロ(数億円)で購入したようです。ナンバープレートは「1A 148461」なので、1990年当時はラスベガスのクラシックカー博物館(The Auto Collections)にあったものです。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です