記者フランシス・チャーチ

サンタクロースは実在するのか(Is there a Santa Claus?)は、1897年9月21日、アメリカ合衆国の新聞、ニューヨーク・サンに掲載された社説。8歳の少女が同新聞社にこの質問をし、同社の記者フランシス・チャーチによって執筆されました。
—————————————-
編集者さま: 私は8歳です。
私の何人かの友だちはサンタクロースはいないと言います。
パパは「サン新聞が言うことならそのとおりだ」と言います。
どうか私に本当のことを教えてください; サンタクロースはいるのでしょうか?
ヴァージニア・オハンロン / 115西95番街
—————————————–
新聞、雑誌、テレビなどの「マスメデイア」や、報道・ジャーナリズムの存在価値が問われています。この新聞の社説(下記概要)は何を私たちに伝えているのでしょう。

素晴らしい社説ですね(^^)メディアの役割とは・・・。

この社説は「VIRGINIA, your little friends are wrong.(ヴァージニア、あなたの友達は間違っています)」の書き出しで始まります。
特に有名な「Yes, Virginia, there is a Santa Claus.(そうです、ヴァージニア、サンタクロースはいるのです)」の一節を含む、目に見えるものしか信じない悲しさと、目に見えないものの確かさ、不変さ、そしてそれを信じることの素晴らしさを説き、サンタクロースの存在を支持するこの社説は新聞のトップ記事に載り、大きな反響を呼びました。(全文画像・Wikipedia

アメリカで最も有名な社説の一つとなり、社説が掲載されてから100年以上経った今でも、クリスマスの時期になると世界中で愛され、語り継がれています。

りばてぃ♪さんが、「過去何度もご紹介してますが、やっぱり心に響く名文なので、そのやり取りを再記載しときます。」(NYの遊び方・和訳を併記)

サンタクロースはいるんだよ(Yes, Virginia, there is a Santa Claus)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です