Esperanza Spalding Performs at the White House Poetry Jam (May 12, 2009)

Esperanza Spalding Performs at the White House Poetry Jam (May 12, 2009)

グラミー賞の最優秀新人賞は、ジャズ・ボーカリストの Esperanza Spalding(エスペランサ・スポルディング)さんが受賞しました。
ジャスティン・ビーバーさんは受賞を逃しました。

オレゴン州ポートランド近郊で育ち、自身の告白によると「ゲットー」的な「ちょっと怖い」場所だったということです。母親はシングルマザーとして彼女と彼女の弟を育てました。

スポルディングさんはアフリカ系アメリカ人、ウェールズおよびスペインの血をひき「ウェールズ、ヒスパニック、ネイティブ・アメリカンにアフリカからの古いルーツを加えた」多様な民族的遺産として受け継いでいます。彼女の音楽に大きな影響を与えています。

YouTubeは、ホワイトハウスでの素晴らしい歌声と演奏です。

音楽界最高の栄誉とされる第53回グラミー賞、日本人の今年のグラミー賞受賞は4人。おめでとうございます。
・最優秀ポップ・インストゥルメンタル・アルバム賞:
Larry Carlton & Tak Matsumoto(松本孝弘)「TAKE YOUR PICK」
・最優秀インストゥルメンタル・ソリスト演奏賞:
内田光子 モーツァルトピアノ協奏曲第23番・第24番
・最優秀ニューエイジアルバム賞:
ポール・ウィンター・コンサート(琴奏者 松山夕貴子)
・最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム賞:
スタンリー・クラーク・バンド フィーチャリング(ピアニスト 上原ひろみ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です