3月11日に発生した東日本大震災のニュースを受けて、米カリフォルニア州リバーサイド校に留学中の日本人学生、小坂アキコさん(20)は絶望感に打ちのめされた。
出身地の宮城県南三陸町は壊滅状態。3日後に家族の無事を知らせてくれたのは、インターネットの動画サイト「YouTube」だった。(CNNニュース)

ネット上で情報を探すアキコさんのもとに、妹のユカコさん(13)は無事中学校に避難しているらしいとの電子メールが届いた。だが父母や姉、同居の祖父母の安否が分からない。生存の望みはないと思い、アキコさんは3日間泣き続けた。

無残に広がるがれきの中で、アキコさんの自宅は辛うじて残っていた。姉のショウコさん(24)が、米国にいる妹に、自分たちの無事を伝えたいと、全員無事というメッセージを掲げてベランダに立ち、ニュース取材陣に向かって叫んでいた。


ユーチューブで家族の無事を確認 南三陸出身の留学生 投稿者 samthavasa

日本にいる友人から、YouTubeで自宅の映像が見られるとの知らせが入ったのは13日夜。すぐに探し始めたが見つからない。徹夜でコンピュータに向かうアキコさんに、日本の交流サイトを通し、映像へのリンクが送られてきた。早朝、アキコさんの大きな叫び声が響いた(^^)

報道機関やネットを通して、無事というメッセージを受け取ったことを家族に伝えようとしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です