超巨大輸送機「アントノフ An-225ムリーヤ」

An-225「ムリーヤ」

アントノフ An-225ムリーヤは元々ソ連版スペースシャトル「ブラン」を輸送するために設計された超重量級の輸送機です。機体と貨物をあわせた最大離陸重量は実に600トン。
1988年に初飛行した際、同時に106の世界記録を破ったというザ・巨人機です。スゴイですね。

今回ムリーヤをチャーターしたエアーパートナーズ社によると、フランスからの支援物資145トンを運ぶため、成田空港に飛来するということです。
ムリーヤを所有するアントノフ・エアラインズの広報担当者は「我々アントノフと日本はビジネスを通じて深い関係にある。
皆さんの、被災された方への心痛を我々も共有したい。An-225は復興にきっと役立つだろう」とコメントしているそうです。

ウクライナでは、ウクライナ語で「夢」(睡眠中にみる方でなく、希望等を意味する方の「夢」)を意味するムリーヤ(Мрія)の愛称で親しまれています。一方、NATOコードネームはコサック(Cossack)です。
2機が製造されていましたが、1機しか完成しなかったため、2010年現在では世界に1機しか存在しません。日本にはハイチ大地震復興支援で使用する重機類100t以上を輸送する目的で、防衛省がチャーターし2010年2月9日に成田空港に初飛来しています。

YouTubeは、46分間のドキュメンタリー番組「The Largest Aircraft in The World – An-225 Mriya Documentary」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です