全方位の創造力へ「札幌ビエンナーレ」

札幌ビエンナーレ・プレ企画実行委員会

札幌芸術の森美術館で、2011年10月29日(土)〜11月23日(水)まで、本展の「アートから出て、アートに出よ」を軸として、現代アートの周辺「サブカルチャー」を取り上げ「表現するファノンーサブカルチャーの表象たち」が開催されます。

会期中、美術館内に「近未来メイドカフェ」がオープン、マンガやアニメ、ダンス、パフォーマンスも提示されて面白そうです。

アートが注目されるのには理由があります。「想像(創造)力は知識よりも重要です。」アインシュタインの言葉ですが、コンピュータとインターネットの時代になり、情報・知識の集積(データベース)や、検索は急速に容易になっています。

知識に加えて「新しい価値や意味を生み出す能力、才能(=アーティストやクリエーターの本質)」が最も必要とされる時代になって来ました。

これなんだろう? / NYの遊び方

一人の女の子がアートを「これなんだろう?」と観ています(^^)女の子の右脳が、新しい才能を育んでいますよ。ニューヨークの「パブリック・アート」は素晴らしいですね(^^)

「NYの遊び方」ブログには、楽しいニューヨークの「アート/デザイン」カテゴリ記事が溢れています。

りばてぃ♪さんが
「個性溢れる楽しいアートもあれば、胸にじーんと響くディープなメッセージが込められたアートもあって、刺激いーっぱい。それまで見えなかった何かに気づかされたり、新しいアイデアや勇気がわいてきたり、アートの力って本当に不思議ですよね。」とコメントしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です