政治への希望を津南町議会から(桑原はるか)

桑原 はるか(新潟県津南町議会議員)

桑原悠(はるか)さんの自己紹介文(Twitter)です。
新潟県中魚沼郡津南町議会議員。25歳。農ギャルであり、東京大学公共政策大学院(GraSPP)の学生でもある。座右の銘「政策は、総合芸術である」。

11月1日のウォール・ストリート・ジャーナルは、日本の農村における人口減少、高齢化が進む典型的な田舎町での変化を報道しています。
「人口の3分の1以上が65歳の田舎町で若い女性が町議選への立候補を望み、しかも当選するのは日本では異例のことだ。民主党が政権を奪った2009年の衆議院議員総選挙では、新世代の議員が相次いで当選したものの、日本の政界は依然圧倒的に年配男性が占めている。その一方で、若い世代は政治離れを批判されている」(WSJから)

New York Times The Opinion Pages

桑原悠(はるか)さんの素敵な横顔写真を見て、東日本大震災直後のニューヨーク・タイムズの The Opinion Page(3月16日)に、作家 村上龍氏の寄稿文が掲載され、この寄稿文とともに掲載されたイラスト(Brian Staufferさん)と重なりました。

津波がすべてを奪っていった恐怖感と、その事が被災された方々の脳裏に深く記憶されたことを表現した少女の横顔イラストです。

小説「希望の国のエクソダス」村上龍さんの「この国には何でもある。本当にいろいろなものがあります。だが、希望だけがない。」この「希望」を力強く描き出す活動を始めた「桑原はるか」さんを応援しています。

桑原さんは、10月13日に「Twitter」で次のように述べています。
「私は百姓屋の娘。TPPの行方には注視してます。今進めるにあたり、いちばんのネックになってるのは、国内対策です。私、負けたくない。生きて、勝ち残ってく農業を。おやすみなさい。」

  • 津南町議 桑原 悠の活動日記(haruka kuwahara)ブログ休止中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です