カナダのトロントにある小さな本屋さん「Type bookstore」のご夫婦が作ったビデオが注目を集めています。

1月9日、YouTube に公開して155万回アクセスされています。店内を舞台にしたストップ・モーション・ビデオで、閉店後の店内で本や文具が遊び出すという内容です。
最後に「本物の本に代わるものはないよ」(There’s nothing quite like a real book)のメッセージが出ます。りばてぃ♪さんがエントリしています。

暗い本屋さんで本の物語が動き出す、想像力が広がる「ネバー・エンディング・ストーリー」のシーンを連想しました。

電子書籍の普及で書店ビジネスは変化しています。欧米では、地元の書店を応援する人達が増えているそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です