On being wrong / Kathryn Schulz

間違えるということ/後悔を後悔しないこと(TED Talks)

On being wrong / Kathryn Schulz

多くの人々は、間違いを避けようとします。でも、それ自体が間違いだとしたら?
「間違い主義者」の Kathryn Schulz(キャサリン・シュルツ)氏が、人間の持つ、間違いをしがちな性質を受容するための事例を紹介しています。

人間にとって「誤り」や「間違い」が持つ意味とは? 間違いの重要性に迫ります。

米国のジャーナリストで、著書:Being Wrong: Adventures in the Margin of Error(まちがっている エラーの心理学、誤りのパラドックス)によって、全米で注目される書き手になりました。

Don't regret regret / Kathryn Schulz

こちらは、2011年11月にニューヨークで開催された TED Salon の講演「後悔を後悔しないこと」です。

私たちは、後悔しないように生きろと教えられてきました。でも、それはなぜ?

自身のタトゥーを例にとり、キャスリン・シュルツが後悔を受け入れることについて力強く感動的な主張を展開しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です