3Dプリンタ(3D Printer)が変える製造業・教育の未来

MakerBot Replicator™

画一的な商品を大量生産する経済構造を変化させる要素を持っている「3Dプリンタ」が、面白い進展を見せています。

3Dプリンタは、高価な業務用で一般的ではなかったのですが、昨年くらいから自作マニアの個人やベンチャー企業などが、格安の3Dプリンタを組立キットとして販売を始めています。CES2012でも注目され、専業メーカーも家庭・教育用として販売を始めました。

価格も500米ドルから2,000米ドルまで、かなり技術仕様も違いがあります。Kickstarter サイトのプロジェクト(下記)などもあり、クリエイティブやデザイン、造形的な教育面でも注目されるように思います。

3DCAD/3DCGデータから立体物が、気軽に製作/試作できるようになると、未来の「もの創り」は、会社や工場ではなく家庭や個人のノートPCになるかも知れません。

TinkerCAD & Replicator with my kids from Osamu Iwasaki on Vimeo.

Kickstater サイトでも「3D Printer」で検索すると19件がヒットします。知的財産権を放棄するオープンソースハードウェアの「3Dプリンタプロジェクト」サイトもあり、MakerBot Industries は、1,000万ドルの出資を受けたパイオニア的な企業です。

3 thoughts to “3Dプリンタ(3D Printer)が変える製造業・教育の未来”

  1. 凄い時代になってきましたね。子どもたちの柔らかい頭で、様々な発想する。未来は明るい。

    1. すずきさん、ありがとうございます。
      日本では、クリエイティブについて「年齢」が障害だと思ってる人が異常に多い!そうです。どこかに子ども頃の劣等感が残っているのかも知れませんね^^

    2. 小海 伸行 小海さん、ポストを楽しみにしています。今後ともよろしくお願いします。きらきらしたお子さんの目が印象的でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です