笑い事ではないけど笑える本のデザインの話(Chip Kidd)

Designing books is no laughing matter. OK, it is.

グラフィックデザイナーのチップ・キッド(Chip Kidd)さんが、TED2012で一番可笑しかったと評判の講演で、表紙デザインの芸術と深い思索を披露しています。

本の表紙デザインを革新させたデザイナーとして、またジュラシックパーク(Jurassic Park)などのデザインでも知られるチップ・キッドさんが、ユーモア溢れる語りと仕草で観客の笑いを誘いながら、読者を惹き付ける表紙デザインの重要性を語っています。
 
 

BUDDHA by Osamu Tezuka
1Q84 by Haruki Murakami

日本作家の英訳版も手がけ、手塚治虫さんの漫画「ブッダ」については、8巻で背表紙が完成するデザインをしています。
また、村上春樹さんの「1Q84」については、本の内容を想像させるような斬新なデザインで、ニューヨークタイムズ紙のベストセラーリストに、初登場で2位にランクインしています。

私が、ここで iPad などの電子書籍には「活字インクの匂い」は無理だと講演したら、アップル担当者は「匂いプラグイン」の開発をするように電話しているのではと、会場を笑わせていました(^^)

チップ・キッド(Chip Kidd)さんの楽しい TED Talks です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です