米ブライダル映像業者が、エミー賞の3部門を受賞

the first full wedding we have shot exclusively with the Canon EOS 7D. / stillmotion

米国の「ブライダル映像業者が、エミー賞の3部門を受賞」について、その経緯を含めて詳しい記事を読みました。共感できる素晴らしいブログの記事でしたので紹介します(^^)

ブログ記事では、日本国内の「映像制作」の序列に触れています。
「映画>テレビドラマ>CM>ドキュメンタリー>テレビバラエティ>・・・ま、この順番はわりとテキトーだけど、そういうヒエラルキーを信奉している人はいまだに多く、その最後のほうは、通販番組>VP>ブライダル・・・みたいな序列になると思われる」と述べています。
日本の場合、何でも「肩書き」や「会社の大小」で判断するヒエラルキーは確かにあると思います。

エミー賞・受賞作を撮影した stillmotion さんの「独り撮影(日本語訳)」は感動します。

CBSがスポーツドキュメンタリーのシリーズを制作するにあたって、プロデューサはDSLRを使いたいと思い、DSLRに明るい外部の制作会社を物色していたところ、動画共有サイト(Vimeo)にUPされていた一本の「ブライダル映像」が目に留まり、stillmotionさんが採用されたそうです。
製作された「Army Navy Football Docu-drama / Shosports Channel」予告編です。

military.com サイトにも掲載されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です