スタンリー・キューブリック(Stanley Kubrick)/ Wikipedia

2001年宇宙の旅」(2001: A Space Odyssey)は、アーサー・C・クラークスタンリー・キューブリックがアイデアを出しあってまとめたストーリーに基いて製作されたSF映画および小説です。
映画版はキューブリックが監督・脚本し、1968年4月6日にアメリカで初公開されています。

公開当時においても、台詞が極端に少なくて、映像もストーリー展開もスローで退屈と感じた人が多かったようです。

この映画予告編を、マイケル・ベイ監督作品のような現代風(トランスフォーマーなど)にすると、どうなったか?

映像と音楽のテンポが現代風になり、SFミステリー感が増大しています。なるほど興味深い予告編になりましたね(^^)ヒットしそうな感じ(笑)


美しいオリジナル予告編

作品と予告編の両方で流れる荘厳なリヒャルト・シュトラウスの交響曲「ツァラトゥストラはかく語りき」は、何回聞いてもいいですね(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です