国防高等研究計画局 / Wikipedia

国防高等研究計画局(Defense Advanced Research Projects Agency) は、軍隊使用のための新技術開発および研究を行う米国防総省の機関で、略称はダーパ (DARPA) です。

ARPAの時期にインターネットの原型であるARPANETや、GPSを開発したことでも知られています。
大統領と国防長官の直轄の組織で、軍から直接的な干渉を受けない構成です。人員は300人ほどです。

研究内容は全て一般公募という形を取る為、全ての研究目標が公開されており、極秘の研究は無く面白いユニークな研究も多いですね(^^)

化学発光によって暗闇の中に浮かび上がる擬態ロボット。米国防総省の後援でハーバード大(Harvard University)の科学者らによるチームが開発 / DARPA

米国防総省などが後援するハーバード大(Harvard University)の科学者らによるチームは、周囲の環境に応じて擬態でき、イカやタコが這うように動くシリコーンベースの「ソフトな」ロボットを開発したと発表しました。

全長13センチの4本足ロボットは、半透明のポリマーでできたいわゆる「ソフトマシーン」と呼ばれるロボットの最新型です。周囲の環境に応じて保護色で自らをカモフラージュしたり、逆に目立たせたりすることができます。

また、米マサチューセッツ工科大学(MIT)、ハーバード大学、ソウル大学のチームは、ミミズのように這って進む「メッシュワーム」と名付けたロボットを開発しています。
熱により伸縮する形状記憶素材で作られており、ハンマーでたたいたり、ほうり投げたりしても壊れることはありません。起伏の多い地形や狭いスペースでの活動に適しています。DARPAのサポートも得ているようですが、汎用性の高い研究だと思います。

最先端の科学技術があるのは、科学館などではなく、動物園や水族館、植物園などにある驚くべき時代になりました(^^)

ヤモリの超極細毛をまねて壁を這うロボット Abigaille



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です