新たなデジタル・エコシステムが成長を促す

Ernst & Young Building / Rob Lee

アーンスト・アンド・ヤング(Ernst & Young、略称EY)は、メディアおよびエンターテインメントの世界的企業のCEOが、デジタル・メディアを将来の成長の大きな原動力と考えているレポートを発表しています。

このレポートは、年間総売上高が3,000億米ドル(約24兆円)を超えるメディアおよびエンターテインメントの世界的企業の34人のCEOに行った調査をまとめたものです。

娯楽映画、テレビ、音楽、電子ゲーム、エンターテインメント・サービス、ケーブルネットワークとケーブルテレビ、ケーブルおよび衛星事業者、インターネットおよびインタラクティブ・メディア、広告、出版、複合企業にわたる幅広いメディアおよびエンターテインメントのサブセクターを網羅しています。

<要旨>
・2桁成長を可能にするさまざまな技術が、新たなデジタル・エコシステムを創出する。
・モバイル機器が、コンテンツ消費を伸ばす最大の原動力になる。(特にタブレット)
・デジタル・コンテンツに対して、公正な価格を支払うよう顧客を納得させられるかがCEOの最大の課題となる。

また、CEOの84%がソーシャル・ネットワーキングの自社にとっての役割は顧客とつながることと考えており、視聴者やブランドの構築は二次的な役割と考えています。詳細は下記へ

新たなデジタル・エコシステムとして面白そうなグーグル・メガネ(Project Glass)が、ニューヨーク・ファッション・ウィークのファッション・ショーに登場しています。


9月10日、ケイティ・クーリック(Katie Couric)さんが、テレビとネットを融合する新たな「デジタル・エコシステム」をスタートさせました。

Nobuyuki

I live in Sapporo, Japan. Mind is attracted to travel and the unknown. Enjoy a variety of places to go to any virtual space, I like to imagine something.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です