神の子池(Kaminoko pond)/ Wikipedia

周囲220m、水深5mの小さな池は、阿寒国立公園内にある摩周湖(カムイトー=神の湖)の伏流水からできているという言い伝えから「神の子」池と呼ばれています。

摩周湖が他の湖と大きく違うのは、湖に流れ込む川も流れ出す川も無いことです。
それでいて、摩周湖にたくさんの雪解け水が流れ込む時期になっても水位が変わらないのは、湖の周辺にある神の子池などに伏流水を湧き出させているからなのです。神の子池の伏流水は1日12,000tも湧き出しています。

水温が年間通して約8度と低く、倒木が青い水の中に腐らずに化石のように沈んでおり、その間を朱色の斑点を持つオショロコマが泳ぐ景観は神秘的な美しさです。

この透き通る「神の子」池を撮影されたのは、北海道の東側でタクシー会社を経営する「まつお」さんです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です