Amy Cuddy: Your body language shapes who you are

社会心理学者のエイミー・カディ(Amy Cuddy)さんは、自信のないときでも自信に溢れる「力のポーズ(Power Posing)」を取ることで、脳内のテストステロンやコルチゾールのレベルが変化し、成功できる見込みも変わると言います。

私たちのするボディランゲージは、自分に対する他の人の見方に影響しますが、自分自身の心(見方)にも大きく影響します。

彼女自身の「自分はここにいるべき 人間じゃない」と、自信を喪失した経験を語っています。

自分の脳内をポジティブにする一人でできる2分間の「力のポーズ」。この事を多くの人が知って共有してほしいと語っています。拍手が止まらない素晴らしい講演でした(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です