The Harwell Dekatron Computer / Wikipedia

11月20日、イギリスの国立コンピューティング博物館(The National Museum of Computing)は、1951年に製造された重さ2.5トンの巨大コンピュータ(Harwell Dekatron)を再起動しました。

これにより Harwell Dekatron は、稼働する世界最古のデジタルコンピュータになりました。

このマシンは、原子力研究施設で数値計算のため6年間、また初期の原子力発電所の設計のためにも使われました。複雑な方程式も、機械式の計算機を使う数学者2人に相当するスピードで、見事に解くことができたそうです。

A dekatron in operation

Harwell Dekatron は、現代のコンピュータなら LSI やメモリチップがあるところに、ガスが充填された828個のデカトロン計数管を使っています。

計算の値は、陽極を中心に円形に配置された10個ある陰極のどれかに保存されます。管は透明なので、メモリのなかを実際に見ることができ、計算速度の遅さから、このマシンは博物館でコンピューター科学を教えるよい道具になることが期待されています(^^)

20日のイベントには、Harwell Dekatron を最初に設計した技術者2人や、操作したことのある人々などが出席しました。マシンを温めるのに約30分が必要だったそうです(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です