The Hobbit: An Unexpected Journey

映画ホビット(The Hobbit)は、2012年から2014年にかけて公開される予定のニュージーランド・アメリカのファンタジー映画です。

J・R・R・トールキンによる児童小説「ホビットの冒険」を原作としています。
第1部:ホビット 思いがけない冒険(The Hobbit: An Unexpected Journey)
第2部:ホビット スマウグの荒らし場(The Hobbit: The Desolation of Smaug)
第3部:ホビット ゆきて帰りし物語(The Hobbit: There and Back Again)
の3部作として公開されます。

「ホビットの冒険」は、トールキン作品「指輪物語」の前日譚にあたる作品であり、批評家からも広く称賛を受けています。

カーネギー賞にノミネートされたほか、ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン最優秀児童文学賞を受賞。今日に至るまで人気を保ち、児童文学の古典的作品と見なされています。

The Hobbit: An Unexpected Journey World Premiere – Wellington, NZ

11月28日、ピーター・ジャクソン監督の出身地で「ホビット」シリーズの舞台である「中つ国」のロケ地、ニュージーランドで行われたイベントには、各国から多くの報道陣が駆けつけ、13万人ものファンが集結した盛大なものになっています。

大ヒット作「ロード・オブ・ザ・リング」で描かれた中つ国の60年前を舞台にした作品、面白そうですね(^^)
12月1日には、東京・六本木で「ジャパン・ホビット・フェスティバル」が開催されます。

ニュージーランドは、これまでにも「ロード・オブ・ザ・リング」の3部作をはじめ、「キングコング」「アバター」などの舞台となってきました。ホビットは政争の道具にまで使われるようになり、同国の経済や環境問題に与える影響が論議されているそうです。エルフ語で天気予報(笑)素晴らしいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です