A Trident missile clears the water after launch from a US Navy submarine in 1984 / Wikipedia

A Trident missile clears the water after launch from a US Navy submarine in 1984 / Wikipedia

1月27日、インド政府は東部ベンガル湾海中から核弾頭搭載可能な弾道ミサイルk15を発射する実験に成功し、実験映像を初めて公開しました。(YouTube動画)

開発中の国産原子力潜水艦「アリハント」に搭載すれば、同国初の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM:Submarine-launched ballistic missile)が完成します。

弾道ミサイルk15は、単弾頭のミサイルで、射程は700~750キロと短いが、対パキスタン抑止戦略には十分と判断された模様です。

インド海軍の戦略原子力潜水艦 INS アリハントに搭載されて運用。アリハントは、インド海軍初の国産原子力潜水艦で、2009年7月25日に進水しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です