kuya_syounin

空也上人がいた(朝日新聞出版特別書き下ろし作品)

2011年4月発売で、山田太一さんの19年ぶりの書き下ろし力作小説です。山田太一さんの映画やドラマはあまり観ていなかったのですが、人の温もりを描く小説やエッセイは昔から好きでした(^^)

1970年代には倉本聰さん、向田邦子さんとともに「シナリオライター御三家」と呼ばれていました。

Kindle版(700円)で最初に購入した小説です(^^)最近は単行本を購入することはなくて、文庫化されてから買うことが多くなりました。

まだ少し値段は高いようですが、文庫化されていない小説のKindle版は魅力的ですね(^^)

この小説の内容紹介には、
「特養ホームで老婆を死なせてしまった27歳のヘルパー草介は、女性ケアマネの重光さんの紹介で、81歳の老人の在宅介護を引き受ける。介護する側の疲労、介護される側のいたわり。ヘルパーと老人とケアマネの風変わりな恋がはじまる。

六波羅蜜寺 空也上人像

六波羅蜜寺 空也上人像

彼らはどこまで歩いていくのか。そして、心の痛みを抱える人々と一緒に歩いてくれる空也上人とは?重くて爽やかな衝撃作。」とあります。

六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)は、京都府京都市東山区にある真言宗智山派の寺院。本尊は十一面観音。開基(創建)は空也(くうや)です。(Wikipediaから)

空也は疫病の蔓延(まんえん)する当時の京都で、十一面観音像を車に乗せて引きながら歩き、念仏を唱え、病人に茶をふるまって多くの人を救っています。応和3年(963年)には、鴨川岸に僧600名を集めて大規模な大般若経供養会を行っています。当時の鴨川の岸は遺体の捨て場であり、葬送の場でもあったのです。

山田太一さんの「飛ぶ夢をしばらく見ない(新潮文庫、1985年)」を読んでからだと思うのですが、人間のどうしようもない業や欲、弱さを描いても、温もりを感じる文章が好きになりました。

この小説「空也上人がいた」でも、生と死が交錯する介護の現場で働く27歳の若者と46歳の女性ケアマネ、そして介護される81歳の老人の避けられない運命。介護とはなにか、老後とは、人の生き方を優しく見つめています。いい小説でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です