Inspired by nature: the complex wing-flapping principle of the dragonfly

Inspired by nature: the complex wing-flapping principle of the dragonfly

世界最大の産業見本市といわれるハノーバー・メッセで、ドイツのエンジニアリング会社 Festo AG が、最新作の BionicOpter を発表しました。

重さ 175グラム、63センチのトンボロボットは、ホバリング、滑空とすべての方向に操縦できるトンボが飛行する形態を模倣したものです(^^)
独立した4つの翼を動かすだけでなく、各翼の振幅、周波数、迎角を制御。加速減速、ターン、後方に飛ぶことができます。

Free movement: even the most complex flight manoeuvres

Free movement: even the most complex flight manoeuvres

電源は2個の7.6Vのリポバッテリーを使い、スマートフォンから操縦することができます。

最先端ロボット技術は、動物や昆虫の高等機能を模倣。そして人工知能は、人の思考や創造機能を追いかけています。

自然の営みや動物園の中に未来がある時代になりました。
動物や生物の機能を探求することは、最先端科学技術に直結する時代になっています。

ブレークスルーは、異なる学問や異なる文化の衝突が興します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です