2013年世界競争力ランキング、日本は24位に上昇

2013 World Competitiveness Rankings / IMD
2013 World Competitiveness Rankings / IMD

5月29日、スイスの国際ビジネス教育・研究機関IMDは、主要60カ国・地域を対象にした2013年版「世界競争力ランキング」を発表しました。

日本の順位は、アベノミクス(金融政策)が評価され昨年(27位)より上昇して24位、TOP10の国々の競争力を支えているものは・・・。

首位は米国が、テクノロジーやイノベーションの進展で返り咲き、2位がスイス、3位香港でした。

BRICSでは、中国、ロシアが順位を上げ、インド、ブラジル、南アフリカが下げています。

色区分は「グリーン:上昇」「ピンク:下落」「ホワイト:変化なし」となっています。

Perspective 1997-2013
Perspective 1997-2013

今回、各国(地域)について「1997年から2013年までの最高・最低順位変動」をグラフで見ることができます。

日本の場合、最高が2006年の16位、2012年の27位が最低になります。(1989〜93年は1位でしたが・・)

1997年から2013年のスパンで躍進したのは、スイス・スウェーデン・ドイツ・台湾・メキシコ・中国などです。

一方後退したのは、ルクセンブルグ・オランダ・日本・イギリス・フィンランド・ニュージーランド・スペインなどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です