Firefox22、OdinMonkey WebRTCで3Dゲームやビデオ通話もWebアプリ

REALISTIC / LARGE BENCHMARKS by ALON ZAKAI / MOZILLA
REALISTIC / LARGE BENCHMARKS by ALON ZAKAI / MOZILLA

Mozilla が Firefox 22 の正式版をリリースしました。

最大の特徴は、最適化済み JavaScript を高速実行する OdinMonkey の追加と、プラグインなしでビデオ通話やファイル共有などを可能にする WebRTC の有効化です。

橙色がネイティブ、緑色が Firefox+asm.js です。

asm.js は JavaScript のうち最適化しやすいローレベルな命令を集めたサブセットで、これで書くことで OdinMonkey なら従来よりも大幅に高速に処理できると同時に、最適化していない他の JavaScript エンジンでもそのまま実行は可能という特徴があります。

3Dゲームやビデオチャットなど、リアルタイムかつリッチなアプリをウェブ向けに開発しやすくすることで、「オープンなウェブこそ、アプリケーション開発・流通に最適なプラットフォームになる」というMozilla の主張にとって大きな意味のあるリリースです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です