キャロライン・ケネディ / Wikipedia

キャロライン・ケネディ / Wikipedia

オバマ米大統領は次期駐日大使に、ケネディ元大統領の長女で弁護士のキャロライン・ケネディCaroline Kennedy)氏(55)を指名する方針を固めました。女性の駐日米大使は初めてとなります。

ホワイトハウスはケネディ氏に絞った後、巨額資産や身辺調査を慎重に進めていました。
既にラッセル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)もケネディ氏と会い、日米関係に関する説明を済ませているそうです。

ケネディ氏は、ハーバード大学とコロンビア大学法科大学院を卒業後、弁護士資格を取得。メトロポリタン美術館在職中にエドウィン・シュロスバーグと出会い、1986年に結婚しています。

現在はケネディ記念図書館(John F. Kennedy Presidential Library and Museum)の館長や、ハーバード大学ケネディ・スクールのコンサルタントを務めています。

John F. Kennedy Presidential Library and Museum / Wikipedia

John F. Kennedy Presidential Library and Museum / Wikipedia

2008年の大統領選挙では、叔父のエドワード・ケネディ上院議員とバラク・オバマ候補への支持を表明。
昨年の大統領選でもオバマ氏陣営の選挙対策本部に入り、再選に貢献しています。

ケネディ氏の起用については、外交・政治経験には乏しく、TPPや緊迫する北朝鮮情勢、沖縄の米軍普天間基地の移設問題などで、手腕を発揮できるかは未知数との一部意見もあります。

日本自身が長年抱えながら出口が見出せない多くの懸案について、初の女性大使として新しい視点やアプローチを提示してくれることも期待して、駐日大使の就任を歓迎いたします。

多数の政治家を輩出し、米国で最も知られた一家である「ケネディ家」からの大使起用は、日本はもちろん米国でも高い関心を集めています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

jaJA
en_USEN jaJA