大量破壊兵器 / Wikipedia

大量破壊兵器(核・生物・化学兵器)/ Wikipedia

大量破壊兵器の化学兵器は、生物兵器とあわせて「貧者の核兵器」と言われます。

化学兵器禁止条約(Chemical Weapons Convention、CWC)は、1993年に署名され、1997年に発効した多国間条約です。

化学兵器の開発・生産・貯蔵・使用を全面的に禁止するとともに、すでに存在する化学兵器および化学兵器生産施設を条約発効ののち原則として10年以内にすべて廃棄すること、一定の設備を持つ化学産業施設に対する検証措置をおこなうこと等を定めています。

条約の発効にともない、オランダのハーグに化学兵器禁止機関(OPCW)が設置されています。

196カ国中、2013年6月時点で189カ国(加盟含む)が署名と批准をしており、イスラエルとミャンマーの2カ国(黄色)は署名してますが批准はしていません。そして未署名の国(赤色)は、アンゴラ、エジプト、南スーダン、北朝鮮、シリアの4カ国です。
追記:シリアは2013年9月14日に加盟しました。(2013年10月14日)

Participation in the Chemical Weapons Convention / Wikipedia

Participation in the Chemical Weapons Convention / Wikipedia


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

jaJA
en_USEN jaJA