Syria Emergency Report / UNHCR Japan

Syria Emergency Report / UNHCR Japan

アントニオ・グテーレス国連難民高等弁務官は「シリア危機は今世紀最大の惨劇である。多くの人々の苦悩と難民を生み出した、近年類を見ないほどの恥ずべき人災である」と訴えています。
シリア難民は、2012年4月の3万人から、2013年9月には200万人を超えて激増しています。周辺国の負担も大きく、国連や世界各国が緊急支援活動を加速させています。

安倍晋三首相が 27日(現地時間26日)に、米ニューヨークで行う国連総会での一般討論演説のシリア問題では、難民対策などで6,000万ドル(約60億円)の追加支援を柱とする人道支援策や化学兵器廃棄に向けた技術支援策を表明します。
また、日本は難民キャンプの食糧や医薬品など支援策をさらに拡充することで、積極的に人道支援に関与する姿勢を打ち出します。(UN WEBTV / 日本語動画

カテゴリー: Media

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です