少子高齢化、過疎化のなかで「新たな町づくり」

新潟県津南町トークイベント / FAAVO新潟
新潟県津南町トークイベント / FAAVO新潟

新潟県中魚沼郡津南町、人口10,393人。ブランド米「魚沼産コシヒカリ」の生産が盛んな町で、自然環境に恵まれ、町内を代表する地形である河岸段丘は日本最大の規模です。

ここも全国の中山間地と同様に、少子高齢化、過疎化のなかで、地域に暮らす人たちは町づくりや新たな産業誘致 、起業などについて悩んでいます。

津南町の農業女子・桑原悠さんが、オープンなトークイベント「津南昼から生テレビ!」(略して昼生)を企画(^^)、クラウドファンディングの FAAVO新潟で支援を募っています。

町議会の質疑とは違い、町民や若い人たちが率直に希望や不安、悩みを気軽に公開で発言できるイベント、「ボトムアップの町づくり」を目指しています(^^)

新潟県津南町議会議員 桑原悠(くわはら はるか)
新潟県津南町議会議員 桑原 悠(くわはら はるか)

・目 的:津南の昼から生テレビを開催し、町民と町長らの公開議論の場を作りたい!
・用 途:会場設営費、インターネット中継費用
・お返し:地元名産品など

目標額は10万円、10月20日迄です。お返しは地元菓子処・松屋の「ジオお菓子セット」や、竜ケ窪温泉の限定「名水とうふ&おぼろ」などもあり、美味しそうですね(^^)応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です