他者への思いやりUbuntu とネルソン・マンデラ(TED)

Boyd Varty: What I learned from Nelson Mandela
Boyd Varty: What I learned from Nelson Mandela

野生生物の保護に尽力する、南アフリカ出身のボイド・ヴァーティ(Boyd Varty)さんは、「自然の大聖堂は人間性の最高の部分を映し出してくれる鏡である」と話します。

ヴァーティさんが野生動物と人間の繋がり、そして「あなたがいるから私がいる」「他者への思いやり」という意味の Ubuntu(南アフリカのズールー語)について述べています。

この Ubuntu の象徴に、ネルソン・マンデラ大統領がなりましたと語ります。

ヴァーティさんが9歳のときに自宅に滞在したマンデラさん。ちょうど27年もの投獄から解放された時で、突如世界の英雄として迎えられた状況に戸惑っている時期だったそうです。この講演の数時間前に亡くなりました(2013年12月5日/満95歳没)。

ヴァーティさんは、この講演を南アフリカのリーダーで、寛容の精神を体現した故ネルソン・マンデラ元大統領に捧げています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です